2016年10月02日

ケニアコーヒーの話。

ケニアコーヒーは、ヨーロッパではとても人気がある高級コーヒーの一つです

ケニアコーヒーは、やや肉厚なコーヒー豆で、全体的に風味が強く厚みのある酸味があり、苦味は柔らかめです。また、柑橘系のフルーツのような爽やかさもあり、酸味と苦味の絶妙なバランスの味わいが特徴です。

ケニアでは19世紀末頃にコーヒー栽培が始まったそうです
コーヒーの生産国としては比較的浅い歴史なんだそうです。またコーヒーは、ケニアの主要貿易品の5%程度しかなく、生産量も決して多くありません。

しかしケニアは、コーヒー研究専門機関を世界に先駆けて立ち上げました。生産から流通まで研究をし、そこで得たノウハウを元に流通の経路や加工の仕方を確立しました。これにより、安定して高品質の豆を流通させることができ、世界中から高評価を得られたのだそうです

現在もその品質に陰りはなく、コーヒー豆として欠かせない存在となっています。

有名コーヒーショップでも取り扱われていますので、ぜひ一度お試しくださいね


posted by コーヒーラヴァー at 00:18| コーヒー | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。