2016年08月29日

低カフェインレスコーヒーの話。

デカフェコーヒーはいいけど、人工的に処理しているのはやっぱり気になる…
という方もおられると思います。

そんな方に朗報です

カフェインレスコーヒーにするための人工的な処理をしないでよい、もともとカフェインの少ない品種のコーヒーノキが発見されたそうなんです

成分分析の結果、通常のアラビカ種の半分のカフェイン量なんだそうです。しかも、おいしさはそのまま
2012年12月に製品発表されたばかりなのだそうですが、日本でも手に入るそうですよ

おいしさそのままのデカフェコーヒーを是非お試しください


posted by コーヒーラヴァー at 19:45| コーヒー | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

コーヒーのようでコーヒーでない…

コーヒーのカフェインが気になる時に、コーヒーの代用品となる飲み物があるのはご存知でしょうか?

もともとは、コーヒー豆が手に入りにくかった戦時中などに、コーヒーの代わりになるものとして考え出されたそうです。
例えば、タンポポコーヒー

タンポポの根を煎った飲み物です。
また、チコリコーヒーや大麦コーヒーなどもあります。

これらはコーヒー豆ではないので、ほぼ100%カフェインが含まれていません。
淹れ方はコーヒーと同じようにいれるので、コーヒーではないですが、コーヒーの気分をふんだんに味わえちゃいます。

気になる方はぜひお試しください
posted by コーヒーラヴァー at 18:11| コーヒー | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

デカフェコーヒーの話②

妊娠中や胃腸の調子が悪い時など、コーヒーが飲みたいけどカフェインが気になる…
そんな時にデカフェコーヒーが気になります
デカフェコーヒーとは何か、は前回お伝えしましたが、では、デカフェコーヒーにはどんな種類があるのでしょうか??
まず一つ目が溶剤抽出。コーヒー豆をカフェインの溶け出す溶剤につけて、カフェインを取り出す方法。
しかし、、カフェイン以外の成分も溶け出す可能性があり、溶剤の健康への懸念があるとされていて、日本でがこの方法は禁止されています。
二つ目が水抽出。カフェインが溶け出すようにされた特殊な水の中にコーヒー豆を漬けて、コーヒー豆からカフェインを取り出す方法です。
最後に、超臨界二酸化炭素抽出。二酸化炭素を超臨界流体という、コーヒー豆への浸透と成分の抽出に効率の良い状態に変化させ、カフェインを抽出、取り出す方法です。

どの方法でも、カフェインだけを除去するとは言っても、どうしても他の成分も出て行ってしまうので、普通のコーヒーと比べ味が落ちてしまうようです…

日本ではまだまだ需要も少なく、使用されるコーヒー豆自体の品質も良いものが少ないみたいです…

ぜひ、美味しいデカフェコーヒーが多くなるといいですよね
posted by コーヒーラヴァー at 11:10| コーヒー | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

デカフェコーヒーの話。

コーヒーは飲みたいけど、カフェインが気になる…そんな方が最近増えているそうです。
そこでよく聞くのが「デカフェ」。カフェなどでも見かけますよね。
では、デカフェとノンカフェインはどこが違うのでしょうか?

ノンカフェインは、その名の通りカフェインがゼロという意味です。
しかし、厳密な意味でカフェインがゼロのコーヒーはありません。
そのため、極限までゼロに近くカフェインを取り除いたコーヒー、という意味で、デカフェコーヒーが普及しています

日本には明確な基準はありませんが、EUの基準によると、レギュラーコーヒーでカフェインの含有量が0.1%以下のものをデカフェと呼ぶことができるそうです。

一口にデカフェと言っても、いろいろと種類があります。
それはまたお伝えします

posted by コーヒーラヴァー at 22:33| コーヒー | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

日本産のコーヒーは貴重品。

日本でのコーヒー栽培が最も多いのは沖縄です
沖縄はコーヒーベルトの北限にあり、緯度はコナコーヒーで有名なハワイとほぼ同じ。コーヒー栽培には恵まれた環境にあるからです。しかし、沖縄産のコーヒーなんて、ほとんど見たことがありませんよね

日本には、台風という強敵がいるからなのです
沖縄も、小笠原諸島も、奄美も、残念ながら台風の通り道。この立地ゆえに、大規模な栽培はできていないそうです。
それでも栽培に挑戦されている農家の方たちがおられ、ネットなどでは日本生まれのコーヒーが買えることもあるので、ぜひ機会があれば、100%日本産のコーヒーをお試しくださいね
posted by コーヒーラヴァー at 21:28| コーヒー | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

日本産のコーヒーはあるの?

最近は食の安全に気を配っておられる方もたくさんおられますよね
できるだけ国産の物を選んで買われる方も多いのではないでしょうか

さて、コーヒーには国産はあるのか…??
実は
あるんです

日本にもコーヒーベルトが狭いながらも存在しているのです
奄美諸島の徳之島、沖縄、小笠原諸島の限られた地域で露地栽培が行われているんですって

でも、市場には全くといっていい程、出ていません

なぜか…?

それは次回お伝えしますね
posted by コーヒーラヴァー at 22:15| コーヒー | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

1日に飲むコーヒーの量の話

みなさんは、1日にどれくらいコーヒーを飲まれますか??

わたしはだいたい3杯くらいです
日本の平均は一日0.9杯だそうです。平均の倍以上飲んでるのかと、少し驚いてみたり…

さて、先日面白い統計を見つけましたその名も、コーヒーをよく飲む都道府県ランキングなるものです。

やっぱ、オフィスが多い東京が一番なのかなぁと思いきや、なんと、1位は京都でした
お茶文化の代表みたいな所なので、本当にびっくりでした

なんか、とっても興味深かったので、興味のある方はちょっとググってみてください

posted by コーヒーラヴァー at 18:25| コーヒー | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

コーヒー消費量トップはどこ?

どの国に旅行に行ってもコーヒーって絶対ありますよね世界中でコーヒーは愛されているということなのでしょうか。

世界のコーヒー消費量ランキングなるものを先日発見しました
消費量はやはりカフェの本場、ヨーロッパが圧倒的におおかったです
日本はというと……

第30位
世界中で30番目って、なかなかですよね。
日本人はコーヒーが好きなんですね

では、今日も日本のコーヒー消費量貢献させていただきます
posted by コーヒーラヴァー at 20:34| コーヒー | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

ベトナムコーヒーの話。

現在世界のコーヒーのおよそ3割がブラジルで生産されています。ぶっちぎりの生産量第一位です
しかし、ここ最近アジアの国々の躍進が見られているのはご存知でしたか??
なんと、世界のコーヒー生産量第二位は、ベトナムなんですよ

ベトナム産のコーヒーは日本でよく見るほかのコーヒー豆と違い、ロブスタ種です。
ロブスタ種は抽出される水溶性成分やカフェインの量が多いので、インスタントコーヒーや缶コーヒーによく使われています。また、単価が安いのでブレンドの増量剤として使用されることもあるのですが、ストレートでは滅多に飲みません。なぜなら……あまり美味しくないからです
酸味はなく、少し泥臭いような…気になる方は一度試してみてください
そんな、コーヒー豆ですので、ベトナムのコーヒーは独特の焙煎、抽出方法で、コンデンスミルクと合わせていただきます。
ぜひ本場のベトナムコーヒーを飲んでみたいですよね
posted by コーヒーラヴァー at 10:29| コーヒー | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

ブラジル産のコーヒー豆はどんな味??

現在約60か国もの国でコーヒー豆は作られています。
では、世界で一番コーヒー豆が生産されているコーヒー大国はどこでしょう???

正解は…

ブラジルです

もう、ダントツです(笑)それもそのはず、全世界の約3割がブラジルで作られています。

ブラジル産のコーヒーは、酸味、苦み、コクのバランスがとても良いと言われています。
そして安価のため、コーヒーをブレンドする時のベースにされています。
つまり、おそらくみなさんも、かなりの確率で、ブラジル産のコーヒーを日々口にしているというわけなんです。

ただ、ブラジルは国土面積も世界で第5位の広大な国。
一口にブラジル産のコーヒーといっても、ブラジルの中のどこで作られたかによって、味の特徴が違っています。そうなると、色々なブラジル産のコーヒー豆を試してみたいですよね(笑)

ぜひたくさん試して、お気に入りのブラジル産コーヒーを見つけてみてくださいね
posted by コーヒーラヴァー at 15:30| コーヒー | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。